参考書選びのポイント

1級建築施工管理技士の資格試験に独学で合格することは、それほど難しいことではありません。勉強の方法にちょっとしたコツがあるのですが、そのためには、参考書選びが重要になります。

試験には、学科試験と実施試験の2種類がありますが、それぞれの試験によって勉強方法が変わってきます。

そのため参考書を選ぶポイントは各試験によって変わってきます。

学科試験の参考書選びのポイント

学科試験は、マークシート方式なので、過去問題の問題文と選択する解答文の内容を効率よく覚えて、問題数をこなすことがポイントになります。学科試験に関しては、過去問以外の勉強は必要ありません。そのため、過去問題の解答の解説が要点を絞っているものがよいでしょう。

学科試験のおすすめ参考書

この参考書を使った勉強方法は、学科試験の勉強方法を読んでください。

たった1冊の参考書で学科試験に合格する勉強方法

学校などで建築関係の勉強していない、専門的な知識がまったくない、経験がそれほどない。そんな人でも、学科試験は、独学で30時間ほど勉強すれば合格することは十分可能です。 まず、学科試 …

スポンサードリンク

実地試験の参考書選びのポイント

実地試験は、記述式のため過去問題を覚えるだけでは点数につなげることが難しくなります。文章を暗記して答えを選ぶ程度の覚え方はできても、文章として記述できるまで覚え込むのは難しいからです。そこでイメージで覚えるとわかりやすくなります。そのため、図解が多く入っている参考書を選ぶとよいでしょう。

実地試験のおすすめ参考書

この参考書を使った勉強方法は、実地試験の勉強方法を読んでください。

たった1冊の参考書で実地試験に合格する勉強方法

実地試験が学科試験と大きく異なる点は、記述方式であるところです。そのため、学科試験の時のように過去問題だけを解いておけば合格点がとれるというほど簡単ではありません。 極端なことを …

他の参考書が気になる方は、参考書おすすめランキング をどうぞ。

参考書おすすめランキング

参考書選びは、合格するための一番重要なポイントと言っても過言ではありません。選んだ参考書によって、勉強方法が変わってしまうことがあるからです。仕事やプライベートで忙しい中の時間を …